本アイコン最近読んだ本

白神山地をゆく―ブナ原生林の四季 根深 誠(中公文庫)
2001.5.14
区切り線

白神山地をゆく 世界最大のブナ原生林のある白神山地。
 この本を読むまではどんな所なのか、どんな実態なのかは全く知らないでいました。

 「自然を守る」と、口では簡単に言えるけど、その活動はなかなかできないこと。
 そこでちょっとでもいいから、どんな感じなのか、インターネットで探してみました。
 東北自然ネットバナ―東北自然ネット 「東北自然ネット」というサイトがありました。
 白神山地の自然や動物、植物などいろいろ紹介され、
 そして、その自然を守る活動も報告されています。
 リンクさせてもらいましたので、興味のある人はぜひ、上のバナ―をクリックしてみてください。

 この本ははまだブナ原生林が世界遺産に指定される前に書かれているものです。
 著者の根深さんの白神山地を大切にしたい気持ちが、僕には切々に感じられました。
 「イワナ」の話。「マタギ」の話。「白神山地」を守る話などなど。

この本を買ったときはアウトドアの雰囲気を感じられればいい、程度で買いました。
でも、この本を読み終えた時、うまく表現できませんが、頭をガツーンと殴られたような感じでした。
感動というのではなく、「君は地球人として、何かやっているか?」というような。

大それた言い方かもしれませんが、
これを機会に、まず自分の身の回りでできる自然環境を守る活動をしたいと思っています。
とりあえずできることは何か考えて、車のアイドリングストップ。
このあたりからやっていきたいと。

小さなこと、ひとりからのスタートです。
でも、0+0=0ですが、1+1=2になります。

今、表面だけ楽しめる自然ではなく、未来永劫に引き継がれる美しい自然を守れるといいな、と思いました。

区切り線

トピックス  鴨居・観音崎  スキー特集  たっちんの独り言    最近読んだ本  今週のおすすめ  今日の1枚
たっちん通信トップページ  このページの感想はこちらへ⇒たっちん通信掲示板
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー