本アイコン最近読んだ本

カメラと戦争 小倉磐夫 朝日文庫
2001.10.24
区切り線

カメラと戦争 デジカメで何気なく写真を撮っていますが、カメラの発達はすごいものがあります。
 カメラがいかに戦争とかかわってきたのかを教えてくれる本でした。

 カメラやレンズの構造の話はよくわかりませんが、
 それらにたずさわってきた方たちの話はとても興味深く、読むことができました。

 「バカチョン」と言われたコンパクトカメラ。
 懐かしい「コニカC35」は未だ中国で中国国内用に、中国の人々によって作られているとか。

 スパイが使ったといわれる「ミノックス」なども興味深かったです。

 カメラが戦争と共に発展したのは非常に残念ですが、
                これからは平和な思い出が撮れるようになることを思いました。

区切り線

トピックス  鴨居・観音崎  スキー特集  たっちんの独り言    最近読んだ本  今週のおすすめ  今日の1枚
たっちん通信トップページ  このページの感想はこちらへ⇒たっちん通信掲示板
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー