鴨居・観音崎へ戻る

床屋への道のり 2003.5.28
床屋に行って来た。
行き帰りをパチリパチリと撮った。
いつもある鴨居の風景だ。
区切り線

なかなか活気がある小原台入口 伊勢歯科。苦い思い出しかない。
おふくろに言わせると
診察台に座ると
口を開けなかったそうだ。
山田口バス停。
かもめ団地行きバス。
左・八百順、右・ブックス新宿
山田住宅?従弟の家があった。 みかん台への坂。
何年も通っていない。
臨海団地へ。
鴨居のメインストリートからは
いろいろな所へ行ける。
豆腐屋さんは閉まってしまうし、
飯田ストアーはコンビニになるし。

時代は変わる。
中学時代の彼女の実家。 住友撤退でここも空き地になった。 中台。みかん台への坂。
今の家の前はこの団地に住んでいた。
到着!
もう30年以上の付き合いだなあ。
先客あり。でもラッキーだったね。
この後3人も来客あり。
少年時代はここで
漫画を漁っていた。
お風呂屋さん。
従弟と入ったのを覚えている。
お湯が熱くて入れなかった。
さて帰りましょう。
たまPAPAさんちのツバメ君 2級河川・和田川 鴨居小学校横 「谷さん」買い食いのメッカだった。
今はアパートになってしまった。
文房具屋さん「飯田」
こちらもアパートに。
家に帰るには坂を登らなくてはいけない。
ここも山だった。あけびを採りにきた。
それが今は自宅になった。


区切り線

普段、何気無く通り過ぎてしまっている町並みもよく見ると、変化していた。
そして同じ鴨居なのに、何年も通っていない道もあった。
鴨居再発見だ。

床屋のおじさんとも30年以上の付き合いになった。
おじさんとの世間話がおもしろくなってきたのは、年をとった証拠かもしれない。

区切り線

トピックス  鴨居・観音崎  スキー特集  たっちんの独り言    最近読んだ本  今週のおすすめ  今日の1枚
たっちん通信トップページ  このページの感想はこちらへ⇒たっちん通信掲示板


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー