鴨居・観音崎へ戻る  たっちん通信トップページへ

観音崎大橋 2003.5.21
目の前が海だ!
腰越からたたら浜へ。
区切り線

観音崎大橋入口。
腰越。まっすぐ行くと、観音崎。右に曲がっても観音崎だが、
ゴジラのいた「たたら浜」は右に曲がるべし。
日傘を差して、女性がひとり行く。
なかなかいい光景ではないかなあ?
右手には房総の山々がある。
ふと、上を見上げると、ここにもつばめがいた。
すぐ近くに巣があるのかと探してみたが、見つからなかった。
デジカメのズームを目一杯、望遠にしてようやくこの写真が撮れた。

この角度で写真を撮ったら、橋には見えない。
もともと海の波打ち際に作られている。
橋の下では、夏はバーベキューをする人たちでいっぱい。
橋の上から右手を見ると、おじさんが船の絵を描いていた。
どんな絵を描かれているのか。
そう思いつつシャッターを切らせてもらった。
浜辺にひとり、これってすごい贅沢な気分だと思った。
橋の上から。
腰越の家並み。
この近くに蔵を構えた家がある。
橋の上から。
写真の岩場には「海鵜」がやってくる。
そして、足元はクサフグの産卵が見られるそうだ。
一度、ぜひ見てみたい。
産卵は見たことはないのだが、
大人になったクサフグの大群や海たなごたちは見たことがある。
橋を歩いていると、どうしても足を止めてしまう。
大きく開けた海を何も考えずにぼ〜っと見る。
こんな幸せはなかなか無いと思う。
海だけでなく、空も広いなあ。
観音崎大橋がない頃は、こちらがメインストリートだった。
道というよりも細い路地といったほうが正解かも。
鴨居や走水には海側を行く新しい道と共は別に、
以前は、人が多く通った旧メインストリートが必ずある。
そちらのほうが風情を感じる。
今度はそちらを歩いてみようと思う。;


区切り線

観音崎大橋を歩く時は忙しい。
開けた大きな海を見たり、空を眺めたり、そして足元の海の中覗き込んだりと。
何か新しい発見があるかもしれない。
なかなか油断のできないロケーションなのだ。

区切り線


トピックス  鴨居・観音崎  スキー特集  たっちんの独り言    最近読んだ本  今週のおすすめ  今日の1枚
たっちん通信トップページ  このページの感想はこちらへ⇒たっちん通信掲示板


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー