本アイコン最近読んだ本  たっちん通信トップページへ

北海道の諸道 司馬遼太郎 街道をゆく15 朝日文芸文庫
2004.7.28
区切り線


 北海道という言葉を聞くと、胸躍る自分がわかる。
 まだ何回も行ったことはないけれど、行く度に好きになっていく土地。
 しかし、この地が現在に至るまでには長い歴史があると。

 司馬さんがここの書かれたのは道南方面からのお話。
 
 なぜ、松前藩が港としていい条件の函館に藩の中心をおかず、
 松前においたか?
 アイヌの攻撃を恐れて、背後に山のある松前にずっと固執しつづけた話。
 江戸期を通してずっとである。
 
 北海道の道や鉄道の話。
 これは網走の刑務所を訪れたときにも勉強した。
 囚人により開拓されていった道。
 

このように、数々の歴史を見ながら北海道を見ていくと、大変な苦労の末に今があるとわかる。
おいしい食べ物や大きな自然のある素敵な土地とばかり考えずに、その歴史もまた見てみたい。

区切り線

トピックス  鴨居・観音崎  スキー特集  たっちんの独り言    最近読んだ本  今週のおすすめ  今日の1枚
たっちん通信トップページ  このページの感想はこちらへ⇒たっちん通信掲示板


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー