本アイコン最近読んだ本

椎名誠写真館 椎名誠 朝日新聞社
2001.7.4
区切り線

椎名誠写真館 小説家、映画監督、アウトドア作家などなど、たくさんの肩書きがついてします著者です。
 その椎名さんのプロも絶賛する写真集。

 僕は今まで彼の著書をかなり読んできました。
 「怪しい探検隊」シリーズなどはアウトドアで遊ぶおじさんたちの馬鹿な?ルポを楽しく、
 かつ、自分もこんな風なおじさんになれればと思いながら読み漁りました。

 この写真集はモノクロームで撮られている写真がほとんどです。
 カラーではなく、モノクロになったのかを、椎名さんは前書きで、このように書いています。
 「そういった記憶のなかの風景や”夢の世界”にも似た思考の中の風景は、たいていモノクロームトーンである。」
 現実の目の前はカラー写真ですが、昔経験したり、見たりした記憶はなぜか白黒の世界になったりして。
 そうなると写真はいつでも過去のもの。そうすると、撮る写真もモノクロームなんだ、と思います。

 
しかし、「最近読んだ本」で紹介している「風のような物語」の星野道夫さんの写真や、今回の椎名さんの写真を見ていつも感じるのは、
自分もあんな写真が撮れたらなあ、と思ったり、感心したりするばかりでぜんぜん上達しません。
とりあえず、現在はデジカメなので、何枚撮ってもただ同然なので練習にはいいな、と思っています。

ひとつエピソードというか、椎名誠さんの趣味のようなものは、「通販のベテラン」だそうですよ。
最近、テレビの「通販生活」とかいうコマーシャルにでていらっしゃいましたが、時計をかったり、バッグを買ったりと
かなり昔からの愛好家だそうです。

区切り線

トピックス  鴨居・観音崎  スキー特集  たっちんの独り言    最近読んだ本  今週のおすすめ  今日の1枚
たっちん通信トップページ  このページの感想はこちらへ⇒たっちん通信掲示板
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー