本アイコン最近読んだ本

八甲田山死の彷徨 新田次郎(新潮文庫)
2001.6.4
区切り線

八甲田山死の彷徨 読んだことのある方が多いと思います。自分も昔読んだような気がしますが、
 あえてまた読んでみました。

 この本のすごいところは冬山の遭難の悲惨さもさることながら、
 やはり集団の中で、いかに指揮官のリードが大切なのかを教えてくれている点です。
 軍隊という特殊な集団ではあっても、僕達が今、属している社会や会社の中でも、
 同じ事が言えるのではないか、と強く感じました。
 先頭に立つ者がいかに的確で、迅速な判断を下し、グループをまとめるか。
 そしてそれに対して、信頼をおいてグループがまとまるか、がその集団の成功を握っていると。
 本の中では、そのことが二つの歩兵連隊に描かれています。

 上の感想は今の時代の自分の感想です。
 これが何年か前、学生時代であったらまた違った感想になったような気がします。

この本を書いた著者の「新田次郎」氏は中央気象台や富士山測候所に勤務されていたそうです。
そうでなければここまでリアルな「自然の怖さ」は書けなかったのではないでしょうか。

事実は悲しいものなのですが、
読み手としてはすばらしい本にまためぐり合えたなと思える1冊です。

このところ「出会ったな!」と言える本ばかり読めています。
そのわりにはその後に、この「最近読んだ本」の文章を書こうとするとうまく書けません。
読み終えた後、この感動を皆さんに伝えようと頑張ってはいるのですが・・・。

区切り線

トピックス  鴨居・観音崎  スキー特集  たっちんの独り言    最近読んだ本  今週のおすすめ  今日の1枚
たっちん通信トップページ  このページの感想はこちらへ⇒たっちん通信掲示板
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー