本アイコン最近読んだ本

冒険  植村直己(小学館文庫)
区切り線

冒険 誰でも知っている名前です。
 この方の生き様はテレビや本でいっぱい紹介されていましたが、
 あまり本は読んだことがありませんでした。
 でも、この本を読んで知らされたのは、植村さんの冒険は無謀ではないと。
 「私は無鉄砲な男ではない。人間、だれでも死ぬのがこわい。
 まして危険をいつも背負っている私は、その気持ちが人より一層強い、と思う。
 だからその未知の世界に立ち向かうとき、私はあらゆる準備に時間をかける。
 そして、成功への可能性があったとき初めて行動に移るのだ。」本文より。
 自分の生活の中でも言えることかもしれない、と感じました。

 現実的な話も。冒険に出るにはお金がいるわけで、
 その資金集めのために講演をしたり、
 新聞社に冒険の原稿料を前借するみたいな形をとったりと。
 好きなことをするのには苦労が多いです。

「そんな冒険はするな!」とよく言われるけど、この本で読んだ「冒険」の意味は違っていました。
そんな植村直己さんも残念ながら、1984年、冬のマッキンリーにて消息を絶たれました。

区切り線

トピックス  鴨居・観音崎  スキー特集  たっちんの独り言    最近読んだ本  今週のおすすめ  今日の1枚
たっちん通信トップページ  このページの感想はこちらへ⇒たっちん通信掲示板
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー