本アイコン最近読んだ本

アラスカ 風のような物語 星野道夫(小学館文庫)
区切り線

アラスカ 風のような物語 開いた瞬間、のめり込んでしまいました。
 こんな写真が撮れるんだと。
 アラスカの大自然とそこに住む人達を撮った写真、そして著者の暖かい文章が素敵でした。
 同じ地球の中なのに、こんなにも違った世界があることを教えれくれます。
 
 「角と頭蓋骨がが絡まったまま死んでいったムース。
 繁殖期に力の限りを尽くして闘い、息絶えた2頭。
 そこにオオカミの群れがやってくる。
 血の匂いを嗅ぎつけたグリズリーも。冬眠前の何というご馳走だ。
 食べ残しをカケスがついばむ。
 冬のある日、カンジキウサギが貴重なカルシウム源の角を。
 
 2頭のムースの壮絶な死。そこからさえ自然は始まってゆく。」


残念ながら、星野道夫さんは1996年、ロシア・カムチャッカ半島クリル湖畔で、ヒグマに襲われて亡くなっています。
以前から、素敵な写真を発表されていたのは雑誌等で知っていたのですが、
初めてその写真を見て、心が洗われる気持ちがしました。 

もっともっとアラスカの自然を撮りつづけてほしかった。

区切り線

トピックス  鴨居・観音崎  スキー特集  たっちんの独り言    最近読んだ本  今週のおすすめ  今日の1枚
たっちん通信トップページ  このページの感想はこちらへ⇒たっちん通信掲示板

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー